フリーターとして生活を送る場合、正社員と比べて自由な時間が多いので、プライベートが充実している事がメリットです。
自由な時間を活用して、夢を果たすなどの勉強をしたり、自由な時間を有効的に活用している人が多いです。
フリーターが事業所にアルバイトとして雇われた場合に、1週間当たりの勤務日数や勤務時間などの条件によっては、事業所の社会保険に入れない事があります。
社会保険に入れない場合、国の健康保険に加入する手続きを行います。
さらに20歳以上の場合は国民年金に加入する事が法律で定められていて、20歳以上であれば国民年金の加入をします。
国民年金の納入額は、給料の大小に関係なく現在では月に15590円を納入しなければならないです。
収入が少ないなどで年金の納入が出来ない場合、社会保険の事務所に免除の申請を行います。
フリーターとして仕事を行う際、国の保険などの他に所得税などの税金を納めたり、雇用保険に加入しなければならない場合もあります。
事業所の社会保険に加入できない場合に、保険などを自分で支払いながら収入の少ない中で生活を送って行くという大変さを考えておきます。
正社員と比較して勤務日数や勤務時間が少ない傾向なので、生活が苦しい場合には空いた時間に副業としてのアルバイトを行っている人もいます。
収入は正社員より安いですが、好きな仕事内容を自由に選べる事も大きなメリットです。
アルバイトの掛け持ちを行う場合、体に負担を掛けないように自己管理が必要です。
掛け持ちで稼げる時は良いですが、病気で休んでしまうと、次の月の給料に響いてしまいます。
その点の保障があるのが正社員で、保証がないのがフリーターなのです。ですので、健康には重々注意しましょう。