フリーターは就職活動に失敗した人たちという認識は誤りで、自ら進んで定職につかずに生計を立てている人も多くいます。
特に近年、ノマドと呼ばれるフリーランスで活動をしている人たちは、自ら就職の機会を放棄して、インディペンデントで仕事をする方を選んでいます。
フリーで働いている人の生活環境は、収入は低い傾向にありますが、自分で時間のやりくりができます。
興味のある職場で長年働き、後に独立して自営業者になるという選択もあります。
また、フリーターの間に勉強して資格を取るのも良いでしょう。
自分の将来やりたいことを見据えて資格を取れば、後々に大きな財産となります。
収入が低いため、フリーターの中には実家に身を寄せている人もいますが、思い切って家を出ると新しい出会いがあるかもしれません。
ルームシェアをすれば家賃を格安に抑えることができると同時に、見知らぬ人との共同生活の中で様々な価値観に触れられます。
ただし、お金を節約するために健康保険の掛け金を払わないのはいけません。
フリーランスは自分の体が資本なので、健康状態は常にベストに保っていなければなりません。
しかし、病気は気持ちと裏腹に襲ってくるものなので、その時に保険がないと大変なことになります。
フリーで働いている人には様々な可能性があります。
一人で全てをこなさなければならない分、忍耐力が必要不可欠ですが、向上心を常に持ってモチベーションを高く保てば、将来的により良い環境を導けるでしょう。